読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かさねとは八重撫子の名成べし

かーんの趣味の記録

OSX 10.10.4 Yosemite にアップデートしてからアカウントファイルの不具合

 OSX 10.10.4 Yosemite にアップデートしてから、アカウントファイルの不具合が多発するようになった。

 

 まずメール。gmailが受信できる端末と出来ない端末がある。個体差なのでどうしようもない。環境設定のアカウントの「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックをはずすなどの対策があったが、そもそもチェックなんて入っていない。

 

 最終手段のアカウント削除。でもメールアカウント新規作成をGoogleを選んですると、googleが「連絡先から住所録を抜くから許可しろ。」みたいなメッセージ。最悪なので、その他で直接設定をした。

 

 その他、gmail以外のインターネットアカウントでも何かやろうとすると、カーソルがグルグル回ったまま、1分から数分固まる。

 

 うちの場合、アカウントを管理のために30ほど設定している。きっと複数アカウントを考慮した仕様になっていない、検証もしていないのだろう。

 

 それはiPhotoやApatureの写真アプリで、10年ぐらいの数万、数十万枚の写真を扱うと、重すぎて使い物にならなくなった。というところに似ている。結局数千枚程度の考慮、検証しかしていないのだろう。 

 

 しかしバグだらけ今回のアップデート。いや最近なんでもバグだらけ。品質をうるさく言う人がいなくなって、アップルが過去の状態に戻りつつあるのか。うるさく言うあの人はもう帰ってこないのだから、落ちると復活できなくなるぞ。