かさねとは八重撫子の名成べし

かーんの趣味の記録

ファットウッド採取とファイヤースチールで燃焼

ファットウッドという種火に使える木があるという。

松の倒木や伐採で、松ヤニのため腐らず残っている幹や枝から取れるらしい。

裏山をぶらぶら散策して、伐採で放置された松の太枝を発見。

手に取ってみると蟻の巣になっていて、卵がびっちり。

採取の写真も撮ろうと思ったが、グロいので撮らず。

斧で割って松ヤニが染み込んでいる部分だけ採取。

不要な部分をナイフで取って綺麗にした。

f:id:khannic:20160612133239j:plain

 

赤い部分に松ヤニが溜まっている。

f:id:khannic:20160612133315j:plain

 

麻ひもをほぐして、削ったファットウッドを包む。

f:id:khannic:20160612133752j:plain

 

 これで火口ができたので着火してみる。


ファットウッドを着火剤に、ファイヤースチールで着火

 

脂を含んでいるので、黒い煙が出る。

市販の着火剤ぐらいに長い時間燃焼した。

普通の麻ひもだけでは、一瞬火が燃え上がり、すぐに消えてしまう。

この燃焼時間なら小枝に火が移るだろう。

小さく割ったものをファイヤースチールと一緒に入れておくといいね。