かさねとは八重撫子の名成べし

かーんの趣味の記録

新しいAppleTVリモコン

f:id:khannic:20210521181352j:image

 今までタッチ式のリモコンが使いづらく、ストレス爆発でAppleTVを使うのを敬遠していた。

今日配達されたので早速使ってみた。

ペアリングをしなければならないのだが、AppleTV本体のアップデートをしなければならない。

アップデートが終わったら、AppleTV本体の10cmぐらいに近づけて「戻るボタン+ボリューム上げるボタン」2秒押し。ペアリング即完了。

 

使ってみたが、使いやすい!前のリモコンに戻った感じだっっw

違うところは動画の早送りと巻き戻しが、クルクルっと丸ボタンを回す感じに指をなぞる。直感的で使いやすくなった。

大きさや重さも良い。前のは小さすぎた。

 

次はAppleTV4Kの開封だが、4Kテレビを液晶か有機ELかサイズなどどうしようか悩み中。

 

 

 

Apple HomePod miniを2つにするとすごい設置場所

f:id:khannic:20210407185437j:plain

HomePod miniがMacOS 11.3になってさらにパワーアップしたのだが、このスピーカーの能力は使い方でもかなり変わるのがわかった。

特にお勧めしたいのが、「自分を挟むように左右に設置する。」と言うことだ。

初めはiMacに合わせて普通のステレオスピーカーのように正面に置いていた。

それでもかなりの低音と音域で良い音が聞くことができた。

だがこのHomePod miniの真価は1台でも360度に音域が広がり聞くことができると言うこと。

これが2台になるとあまり意味がないと思っていたがそうではなかった。

自分を中心にHomePod miniで挟むと、なんという立体感。

昔、知人のマニアが作ったオーディオルームで音質はともかく100万円越えと言われた凝りに凝ったシステムと変わらないぐらいの臨場感。

特にジャズやクラシックのコンサートを聴くと感じるのだが、挟んで右、左から音が出ているはずなのに正面から音が聞こえ、カルテット、クインテットのような正面に並んで演奏している音を分けて感じられる!

ロックやアニソンならヘッドフォンでは味わえない、頭や体全体を包み込まれた音を感じることができる。

 

この体験病みつきになりそう。

 

 

AirPodsProの片方だけバッテリーの充電ができていない問題。自分の場合の解決法。

f:id:khannic:20210504120038j:plain

AirPodsProの左側だけが、バッテリーの減りが早くすぐに切れるので、バッテリーの劣化かなと思ったが、どうやら充電ができていないようだ。

他のサイトをチェックしたところ、

・ケース側で充電端子に汚れがついている可能性があるのでエアーブロアーで掃除をする

・イヤフォンをアルコールティシュで吹いて汚れをとる。

Bluetoothのオンオフ

iPhoneの再起動

・接続を解除して再度ペアリング

・ケースに入れた状態で振動を与えると充電できないことがあるので丁寧に扱う

という方法が見つかるが解決に至らず、これは修理案件かと思った。

そこでふと思ったことが「バッテリー充電の最適化」

試しにオフにして充電してみたらこれがビンゴ!

 

*解決編

・「バッテリー充電の最適化」をオフにする。

Bluetooth」>「AirPodsPro」のiマーク>「バッテリー充電の最適化」をオフ

使い方を学習して充電を保留するという機能。

きちんと充電され減り方も均等になった。

2-3日使い続けたが不具合が出ないようなで、「バッテリー充電の最適化」をオンに戻してみた。

そうしたら今度は右側の充電がうまくできていないようで、右側が切れるようになってしまった。

もうこれはハードウェアのトラブルではなくこの機能の不具合と判断。様子を見つつオンオフをするように決めた。

 

AirPodsMaxを買った

f:id:khannic:20210427102543j:plain

右耳が痒くて耳かきで強めにしてから水が出るようになってしまった。

それから治ってからもカナル式のイヤフォンを長時間使うと圧迫されるためか、炎症を起こしているのか水が出てズキズキする。

PodCastにハマって長時間聞くことも多く解決策はAirPodsMaxを買うしかない!と理由付けをして買うことに決定。

高額だけれど仕方ないよね。耳が痛くなるんだもの。

macOS 11.3にアップデートHomePod miniの2台 ステレオペア使いに対応

macOS11.3が来た。そして待望のHomePod miniのステレオ使いに対応。

(ステレオペアというらしい)

f:id:khannic:20210427214742p:plain

今までサウンドでは出力先に片方づつしか選ぶことしかできず、ステレオで使うためにはiTunesかAppleTVしかなかった。

SafariYoutubeNetflixで使うためには、MIDI設定という裏技を使って擬似的に使うしかなく操作も面倒だった。

それがサウンド出力に対応して気楽に使えるようになり、音質もHomePod miniに合わせた良いものになっている。

f:id:khannic:20210407185437j:plain

 

Apple HomePod miniを買った。そして買った。

Pod castを聴いていたら、HomePod miniの話題が頻繁に出ていて、繰り返し聴いているうちにポチってしまった。

f:id:khannic:20210406195746j:plain

凄く音がいい。

Amazon Echo Dotを持っているが音質が別物。特に低音がいい。

あーステレオで聴けるともっといいのになぁ。と、ポチっとな。

f:id:khannic:20210407185437j:plain

翌日にはステレオになりました。

なんか仕事には関係がないガジェット系を購入したのは久しぶりだな。

アレクサで構築しているスマートホームをホームキットに移行しようかな。

アレクサだと部屋ごとに分けるのに、書斎の照明、とかリビングのエアコンとか言わないとちゃんと認識してくれない。設定も面倒。

値段は倍以上するけれど設定が楽ならいいな。

 

Insta360 go2とApple Lightning to USB Camera Adapter

f:id:khannic:20210318103015j:image

 ジョギングしながらInsta360 Go2で動画撮影をしたらバッテリー切れが頻発。流し撮影には向かないのがわかった。なので気になるところで撮影。終わったらケースに戻して充電。と言う使い方になった。

 

使い方は決まったのだが今度は別の問題が出てきた。1時間ぐらいのジョギングならいいのだが、2時間ぐらいのジョギングで撮影ポイントが増えてしまうと、ケースの充電も撮影メモリも足りなくなった。

 

解決策としてiPhoneに動画を転送してカメラ本体のデータを消す方法を試した。しかし無線では時間がかかりすぎた。Insta360OneXではiPhoneと有線接続用のケーブルがありアプリも対応している。しかしInsta360 Go2は対応していない。だがPCに繋げばUSBモードになり外付けUSBメモリとして動作する。

 

それを利用して接続できないかと考えUSB-C Lightningケーブルで接続してみた。結果は認識せず。

 

そこでApple Lightning to Camera Adapterを使うことを考えた。このアダプターはiPhoneがデジカメなどを接続すると、写真アプリに取るこむことができる。アダプターをiPhoneにさし、Insta360Go2付属のUSB-C USB-Aケーブルで接続。結果は成功。

 

Insta360アプリは対応していないので認識をしないが、標準のフォルダアプリが認識をし取り込むことができた。取り込むパターンは2種類。iPhoneのストレージに転送するか写真アプリに保存をする。Insta360Go2の標準で撮影したものは、写真アプリで再生することができる。Proで撮影したものは球体状になりこのままでは利用できない。残念ながらInsta360アプリはiPhoneフォルダアプリに対応していないので、iPhoneのアプリでは編集ができなかった。

目的であるInsta360Go2の容量がいっぱいになった時のデータの退避先には使うことができる。ついでに接続するとInsta360Go2の充電ランプがつくので充電もできるようだ。